100円ショップで買った幼稚園生向けお弁当箱をレビュー

この4月より幼稚園に入園する子供のためのお弁当箱を100円ショップのSeria(セリア)で購入しました。

実際に買ってみての感想などをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

幼稚園生向けのお弁当箱の種類

以下の主に3種類が定番のようです。

①プラスチックでパッキンが付いているもの

②アルミ弁当箱

③タッパー

それぞれ、以下のような特徴があります。

①プラスチックでパッキンが付いているもの

比較的、値段が安く、アルミに比べると、汁気がこぼれにくい
電子レンジも使えるというメリットがあります。
ただ、パッキン部分など、耐久性のデメリットはあります。

②アルミ弁当箱

さっと汚れが落ちるので、清潔さを保ちやすい
子供が蓋をあけやすいので、蓋をあける際にこぼすという事が起こりずらい
ただ、電子レンジや、食洗機は使えないというデメリットがあります

③タッパー

一番のメリットは汁気がこぼれにくいこと。
ただし、子供が蓋をあけずらく、蓋をあける際にこぼしやすいそうです。

我が家は①か②で迷ったのですが、ふと立ち寄った100円ショップで思いのほか、モノが良かったので、
①を買いました。

購入理由

なんといっても安さ
あとは、100円とは思えない、ものの良さ
そして、結構カワイイ

あとは、安いので、劣化してきたら買い換えればいいやと思いました。
逆にその方が清潔さも保てるのかなと

必要なものを揃えると100円ではないです

結果的に以下のように揃えようとすると、600円かかっています。

  • 「お弁当箱」
  • 「スプーン・フォーク」
  • 「スプーン・フォーク入れ
  • 「はし&はし入れ」
  • 「ベルト」
  • 「果物入れ」

それぞれ、個別に購入する必要があり、600円ではありましたが、
それでも他で買うより安いのと、モノとしても悪くないとおもったので、購入しました。

100円ショップの儲けの仕組みを改めて実感

蛇足ですが、上記の6つの商品が全て100円均一って不思議ですよね。

原価的には、ベルトや、スプーン・フォーク入れとお弁当箱本体が同じとは思えないですよね、、、?

結局、セットで購入するという消費者の行動を見越して、個別には損しても全体では儲けるという事ですよね。

デザインとしても、セット購入前提で統一されてますしね。

使ってみての感想

先日、幼稚園入園前ではありますが、一度使ってみたので、感想です。(妻より)

  • 使ってみてもそこまで安さは感じない。
  • ただ、少し子供はあけずらいみたい。
  • また、一回使用して洗浄後のお弁当箱をみたところ、少しパッキンの部分が損傷していた。
  • もちろんまだまだ使える範囲だが、やはり安いから?ということは思った。

全体的には、100円ショップのお弁当箱も全然ありかと思っていますが、耐久性など注意は必要ですね!

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする