リサイクルショップで大量処分!いくらで売れた?

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

家具・家電を一括で処分!

先日の「月10万円の節約術」でご紹介したとおり、約4年ほど前より私たち家族は実家ぐらしを続けている。

実家に引っ越す前は子どもはおらず、夫婦二人ぐらしだったのですが、当時の家具の
多くは引越し時に処分しました。

ただ、なんとか、保管できる範囲のものはトランクルームなどを使いつつ、実家を出るときに向けて保管していたのですが、
この度、以下のような理由で処分しました

  • 保管費用がもったいない
  • 実家を出る目処も中々たたない
  • ずっと保管することによる劣化も無視できない

ということで先日、リサイクルショップWonderREXの出張買取や、店頭持ち込みで僅かに残っていた夫婦2人で生活していた時の家具などを一括で処分したので、その時の価格と、以前購入したときの価格(思い出しベースや、現状のネット価格)をご紹介したいと思います。

ちなみに、実家暮らしを始めたあとに産まれた子どもの赤ちゃん時代に使っていた不用品もあわせて処分しましたので
そちらの売却価格もご紹介します。

売却価格の一覧

以下が処分した家具や家電、売却価格の一覧です。

参考に、購入時の価格と、購入時と売却時の価格を比較した割合もあわせて表示してみました。

分類 商品 売却価格 購入価格 割合(売却価格/購入割合)
子ども用品 ボールプール 400 10,800 4%
音楽DVD 300 5,000 6%
ミスチル(2セット) 1,200 10,000 12%
ゲーム Wii本体、ハンドル 100 21,000 0%
電化製品 テレビ(52型) 12,000 200,000 6%
ホームシアターセット 1,000 30,000 3%
フットマッサージ器 700 50,000 1%
家具 カラーボックス
(ネット通販)
400 3,000 13%
チャイルドシート
(タカタ)
1,000 10,000 10%
キッチンボード
(ニトリ)
2,500 30,000 8%
下駄箱
(楽天)
500 8,000 6%
ベビーカー 1,000 23,000 4%
飾り棚
(ニトリ)
300 10,000 3%
ダイニングテーブルセット
(KEYUCA)
1,500 50,000 3%
ローテーブル 500 18,000 3%
テレビボード 800 100,000 1%
ソファ(KEYUCA) 1,000 130,000 1%

売却価格を考察

購入価格と売却価格の割合に対する考察です。

  • TVは高いですね。リサイクルショップの人も言っていましたが、TVは中古買う人も多いため、購入価格は高めだそうです。
  • Wiiなどは購入価格に対して、1%未満と、そもそも最新のゲーム機でないこともあって極端に値段が低いですね
  • KEYUCAで13万で買ったソファーやダイニングテーブルなど、少し値段がはるものよりも、ニトリやネットショップなど少し安めに買ったものの方が割合としては高めですね。要は購入時のちょっとした違いは売却価格にはあまり影響しないということですね。
  • 子どものおもちゃやチャイルドシート、ベビーカーなど、500円とか1000円では売れるようなので、子どもの成長とともに不要になるものはリサイクルショップに持ち込んだほうが得ですね。

上記にご紹介した商品は一部なので、今回の売却価格は全体で2万5000円ぐらいになりました。

なにげに大きな臨時収入になりましたので、美味しいものでも食べに行きます。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする