【プロマネチェックリスト2 】リスク管理は前提条件を意識!がポイント

本日はリスク管理のお話をさせていただきます。

リスク管理はプロジェクトマネジメントの中でも特に、うまく運用するのが難しい管理メソッドですが、うまく運用すると有効なツールになりますので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

前提

まずはじめに、リスク管理ですが、全てのプロジェクトに導入すると効果があるものではありません。

比較的小規模なプロジェクトでは、管理工数ばかりかかってしまうので、大規模かつリスクが大き目のプロジェクトが導入対象となります。

リスク管理って

みなさんはリスク管理ってきいてどうですか?

大規模プロジェクトを担当してる方でもうまくやれてる!と胸を張れる人は中々いないんじゃないでしょうか。

リスク管理はやならなくてもプロジェクトは先に進むので、仮に導入しているプロジェクトでも後ろ向き(やらされ感)に実施し、結果としてうまく運用できなくなることが多いです。

うまく運用する上で重要なのが、プロジェクト特性を意識して、本当に重要なものを管理することです。

意味のある事に対象を絞る事で運用負荷も下がりますし、重要な対策に注力が可能になります。

逆に、ありきたりのリスクも含めて、あまり魂こめずにやると、負荷ばかり高く得られるものが少なく、やっぱり意味ないねとなります。

また、前提条件を意識してリスクをきっちりと洗い出し、前提条件を踏まえた軽減策をうっていくという重要性はもちろんですが、
文書化することで、開発側だけでなく、上位レイヤーやユーザーなど各ステークホルダーともどういったリスクがあって、
場合によってはこんな影響があるとか、事前になにをやるとか、顕在化時はこういった事を調整する可能性があるなど、ステークホルダー全体で認識合わせすることが可能になる有用なツールです。
では、実際に注意すべき事を紹介していきます。

チェックポイント①:プロジェクト特性を意識した内容になっているか

リスク抽出時は、心配事・杞憂・懸念が混在していないかを十分に注視する必要があります。

プロジェクト特性、前提条件を意識したリスクである必要があります。

一般的なリスク排除しなければなりません。

リスク管理表に、前提条件を記載する欄を設けるのも、うまくいく秘訣です。

チェックポイント②:課題とリスクを区別し、課題は別管理できているか?

課題とリスクをしっかりと区別し、混在管理しないことが、うまく運用するコツです。

課題は現時点で発生しているもの。リスクは将来発生する可能性がある事という理解が必要です。

チェックポイント③:その他運用時のチェックリスト

1.次回モニタリングタイミングは必ず記載&随時更新する

2.対策は具体的にする
(モニタリングするなどとはせず、具体的に実施することを記載)

3.必ず担当者を書き、担当として自覚してもらう
(リスク管理って後回しにしやすいので、かならず担当者としての自覚、責任をもってもらう)

4.顕在化時の対策は、後回しにせず、記載する

最後に

リスク管理はプロジェクト全体を意識して、一般的なリスクを混在させない事が重要です。

前提条件を意識し、前提条件を踏まえた軽減策を打っていくことが最も需要です。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする