へんしんバイクと似た商品の比較

本日はへんしんバイクと同じように、子供の成長とともにペダルなし自転車からペダルあり自転車に変えられるステップアップバイクのご紹介です。

一番有名なのはへんしんバイクですが、その他商品も含めての比較を行いたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

ステップアップバイクのメリット・デメリット

ブレーキがついている

ブレーキ付きのストライダーとして使えるのは魅力です。
自転車に乗る時に、子たちの感覚がつかみにくいのが手でのブレーキのようです。

ストライダーを乗っていると足で止める癖がついてしまいますが、このタイプはブレーキが付いていますので、早い段階でブレーキを教えられます。

なお、今はブレーキ付きのバランスバイクもあるようです。

自転車に比べて軽い

車体が自転車に比べると軽いです。そのため、子どもにとって扱いやすく乗りやすいです。

ストライダーと比べて乗れる期間が長い

3歳〜6歳くらいまで乗れます。

へんしんバイクSという商品であれば2歳から乗れるようです。

この自転車で補助輪を外せた子、たくさんいるようです!

ネットの紹介記事でも、公園にいる間の数時間だけで乗れるようになったという子もいるようです。

16インチ自転車にくらべると乗れる期間が短い

へんしんバイクは12インチです。

小柄な息子でもギリギリ幼稚園の間が限度かな?というところです。

3歳で16インチくらいを買っておけば6、7歳くらいまではいけるかな?というところ。

ストライダーにくらべて重い

純粋なペダルなし自転車に比べて重く、3歳ぐらいの子供には、ストライダーの方が操作はしやすいようです。

ステップアップバイクの種類

今現在、調べてみると以下のような商品があります。

1.へんしんバイクS

へんしんバイクSは、簡単に言うとへんしんバイクの小さい版です。

•重量:バランスバイクモード:5.0Kg  キッズバイクモード:6.8Kg
•価格:14,800円+税
•対象年齢:2 ~ 5歳 ※ 3 ~ 6歳のお子様にはへんしんバイクs
•体重制限:30Kg
•シート高:32cm ~ 45cm(※)※ 付属の延長用サドルを使用時

2.へんしんバイク

なんといっても、一番有名な商品!
ステップアップバイクといったらこちらが大本命!

•商品名:へんしんバイク [http://www.henshinbike.com/]
•シートの高さ:37.5cm~46.5cm
•タイヤ:12インチ
•重量:バランスバイク5.3kg、キッズバイク:7.5kg
•対象:3歳〜6歳
•耐荷重:30kg
•価格:14,800円(税抜)

3.すくすくバイク

へんしんバイクより少し安いようですが、少し重いです。

12インチ
価格 15000円弱(楽天セール時は値引きの可能性あり)
重さ ペダルなし 6.1kg / ペダルあり 8kg
前後に反射板あり ブレーキあり
ペダル取り外しは店舗へ持ち込みが必要
※ユニット取付および取外しはスポーツデポ・アルペン(自転車取扱い店舗)でのみ可能

4.レンラッド

大きさの種類が豊富なのですが、いかんせん値段が高いです。
また、ペダルなし自転車が必要なのが小さい間だけということを考えると
へんしんバイクやすくすくバイクがおすすめと個人的には思います。

12、14、16、18インチ
価格 35000円程度
重さ ペダルなし 6.4kg / ペダルあり 8.5kg
アルミフレーム スタンド付、フェンダー(タイヤの泥除け)付

関連記事

さいごに

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする