私が実践した「月10万円節約術」

本日は私が4年ほど前に開始した「月10万円の節約術」について紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

何をやったか?

ずばり、「持ち家(マンション)」を賃貸に出し、「実家に戻る」という方法です。

「なんだ、実家に戻るぐらい、よくありそう」と思う方もいるかと思うのですが、
当時既に結婚していましたし、家族で実家に戻るというのはあまり聞かないかと思います。

ちなみに、「実家が広かったからできたんでしょ?」と思われる方もいるかも知れませんが、決してそんな事はなく、
普通の家です。

なので、

  1. 物はとにかく処分しました
    マンション購入時に揃えた家具の多くは処分(ほとんどタダでの引取りですよね)しましたし、
    車も売りました。
    洋服など、実家に帰った時でも必要なもの以外は全て処分ぐらいの感じでした。
  2. 狭さはガマン
    収入が減ったとこもあり、どうやって節約していくか?に必死にならざるを得ない状況だったこともあり、
    そこはガマンで乗り切りました
    とは言っても、最初は不便さも感じましたが、「住めば都(みやこ)」とはよく言ったもので、すぐに快適に過ごせるようになります。
    家も賑やかになり、むしろ楽しめるぐらになります。

当時のシミュレーション

当時、「案①:持ち家を貸して実家に帰る」という選択肢の他に、「案②:持ち家を借りて、もう少しお手頃な賃貸に引っ越す」という案も
検討しました。

で、それぞれの案を検討してみた結果が以下の2つの表です。
ちなみに、以下のような前提をおいたシミュレーションです。

  • 持ち家の賃貸金額は地域の相場から算出
  • 案②のお手頃な賃貸の月額賃料も地域の相場から算出
  • そこまで長い間、実家にも迷惑はかけられず、5年後には持ち家のマンションに戻る
    (引越し代も2回かかるし、再度家具を購入する前提)
  • 実家にもどった場合、車は実家のものを使い、駐車場代も不要
  • どちらの案も現在受けている住宅ローン現在の分はマイナスになる

案①:持ち家を貸して実家に帰る

この場合、月額でおおよそ10万8千円の節約。
年額で130万。5年トータルで約650万の節約というシミュレーション結果でした。

一時費用 引越し代×2(出るとき/帰るとき) -300,000
新居カーテン 0
不動産屋への手数料(賃貸に出す) -168,000
復旧クリーニング -150,000
新居不動産手数料 0
新居敷金礼金 0
家具処分代 -100,000
今の家に戻ってきた時の家具購入 -300,000
合計 -1,018,000
ランニング 家賃収入(月額) 160,000
新居家賃費用(月額) 0
新居駐車場(月額) 0
インターネット電話(月額) 0
家賃収入税金(年額) -120,000
住宅ローン減税(年額) -300,000
合計(年) 1,500,000
収益 5年トータル 6,482,000
1年あたり 1,296,400
1月あたり 108,033

案②:持ち家を借りて、もう少しお手頃な賃貸に引っ越す

この場合は、1月あたりマイナス3万5千円と、節約にならないという結果でした。

ポイントは「住宅ローン減税を受けられなくなる」「貸家収入に対する税金」「現状、1000円だった駐車場代の高騰」
の3点により、これなら今のお得感ない。

つまりは、家のグレードを落としてガマンする意味がないという結論でした。

一時費用 引越し代×2(出るとき/帰るとき) -300,000
新居カーテン -60,000
不動産屋への手数料(賃貸に出す) -168,000
復旧クリーニング -150,000
新居不動産手数料 -55,000
新居敷金礼金 -440,000
家具処分代 0
今の家に戻ってきた時の家具購入 0
合計 -1,173,000
ランニング 家賃収入(月額) 160,000
新居家賃費用(月額) -110,000
新居駐車場(月額) -25,000
インターネット電話(月額) -5,000
家賃収入税金(年額) -120,000
住宅ローン減税(年額) -300,000
合計(年) -180,000
収益 5年トータル -2,073,000
1年あたり -414,600
1月あたり -34,550

引越しから4年経ってみて

実際に、上記シミュレーション通りになった点、なっていない点がありますが、
平均すると月10万円程度の節約にはなっているようです。

もちろん、それぞれの状況によって、今回ご紹介した手段が取れる方、取れない方がいると思いますが、
本気で節約しようと思ったら取れる手段のうちの一つかと思います!

最後までありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする